"バリアブルフィルターND2-64深堀りレポート"伊達淳一先生

■KANI ND2-64 Variable  大口径レンズを絞り開放で撮影したいけど、日中屋外では明るすぎて最も高速なシャッタースピードに設定しても露出オーバーになってしまう、もしくは、水の流れを白糸のように表現したり、流し撮りで背景を単純化したいのに、最小絞りまで絞ってもスローシャッターになってくれない、といったときに効果を発揮するアイテムが、色味に影響を与えず光量を落としてくれる(減光する)「NDフィルター」です。いわばレンズのサングラスのようなものです。 Kaniの場合、円形フィルターはND4/8/16/32/64/400/1000/65000の8タイプ、角型フィルターはND4/8/16/32/64/128/400/1000/10000/32000の10タイプがラインナップされていますが、シーンの明るさや表現意図によって、どの濃度のNDフィルターが最適化は異なります。といって、すべての濃度のNDフィルターを揃え、携行するのも現実的ではありません。 そこで、お薦めなのが、減光度合い濃度を無段階に変えられるVariable(可変)NDフィルターで、Kaniには、「ND2-64 Variable」と「ND2-400 Variable」の2タイプがラインナップされています。 Variable NDフィルターは、2枚の偏光膜の角度を変えることで、減光度合いを可変しています。もし、PLフィルターを2枚持っているのであれば、PLフィルターの対物側同士を重ね合わせ、片方のフィルターを回転させてみましょう。すると、フィルターの角度によって濃度が濃くなったり薄くなったりします。Variab

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square