伊達淳一先生レポート【KANI】Dual Purpose GND 0.75 filter 検証

Kani Dual Purpose GND 0.75 filter <概要> Dual Purpose GND 0.75 filterは、フィルターの方向を上下入れ換えることで、1枚でSOFTとHARDの2通りの効果が得られる、これまでなかったタイプのハーフNDフィルターだ。最大濃度も0.75と、一般的な0.9よりも少し抑え気味にし、多くのシーンでND効果が強くなりすぎないように配慮しているのが特徴だ。 <解説>  日の出、日の入り前後など、明暗差が非常に大きな風景撮影に効果的なのが、ハーフNDフィルターだ。英語では“Gradation ND Filter”といい、型番などでは“GND”と略して表記されることもある。以前は樹脂製のハーフNDフィルターが主流だったが、最近は画質への影響が少ないガラス製NDフィルターが登場し、グラデーションのパターンや濃度のバリエーションも豊富なので、撮影シーンに応じて最適な効果が得られるハーフNDフィルターを選べるようになった。  定番は「SOFT GND 0.9」。ND部分から透明部分に緩やかに濃度変化するので境目が目立ちにくく、最大濃度部分で3段分の減光効果(ND8)が得られるのが特徴だ。ただ、日の出、日の入り前後は地表近くがもっとも明るいので、明暗の境目が緩やかなSOFT GNDフィルターでは地表付近を十分に減光できず、逆に空の上の方が必要以上に暗くなってしまいやすい。地表付近の空を効果的に減光したいときは、明暗の境目がもっとクッキリしている「HARD GND」や「REVERSE GND」フィルターが適しているが、海や川など水

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square